注文住宅の費用はどのくらいかかるのか

注文住宅の費用はどのくらいかかるのか

建売住宅に比べると高価になることはわかっている注文住宅。
ですが実際に家を建てるにあたってどのくらいかかるのか見えてこないことも多いです。
注文住宅の価格は広さや地域によっても異なっており、どのくらいこだわったかによっても違ってきます。
設備面などを節約しようとしてもいつの間にか予算オーバーとなっていることが多く、何が必要なのかを明確に考えなくてはなりません。
2019年度に住宅金融支援機構が行った調査では、土地を含めた注文住宅を建てた場合、全国平均で4200万円ほどとなりました。
地域別では最も費用がかかったのが首都圏の5000万円、次いで近畿圏の4300万円となります。
土地代を含めないと、1000万円ほど安くなり、平均すると3500万円ほどです。
さらにこの他に諸費用として司法書士への報酬や各種税金がかかってくるので、実際はこれらの金額よりも高くなることが多くなります。
意外と出費が多くなるのが注文住宅の特徴でもあるので、事前の予算取りが重要になってきます。

注文住宅を購入すると場合によっては補助金がもらえます

静かなブームである注文住宅を購入したさいに自治体によっては補助金が支給される場合があります。
一概に、補助金がいくらと言えませんので、前もって役所に問い合わせてみてください。
担当部署からすぐに返答できるようになっています。
注文住宅の大きさや、場所によりますから、調べておく価値はじゅうぶんにあります。
家の購入にはかなりのお金が必要になりますから、少しでもお金が入れば家計の負担が小さくなります。
特に田舎の方は人集めの関係もあり、思った以上のお金を貰える場合もあります。
一生住む家ですから、お金も大切ですが周りの環境を入念に調べていおいてください。
快適な空間に住むわけですから、後悔しないことがいいのです。
自分や家族にとって最高の思い出になるような注文住宅であってほしいです。
まずはハウスメーカーや展示場に足を運んで自分の目で確かめてみましょう。
勉強になりますし、自分が理想とする家のことがわかってきます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の魅力やメリット

当サイトでは注文住宅を選択することの魅力やメリットなどを分かりやすく解説しています。家を建てるなら注文建築がよいのか迷っている人にも参考になるでしょう。注文建築で取り入れたい、人気が高い間取りに関してもご紹介しています。評判の良い間取りを参考にして、自分好みの住みやすい家を造るのがお勧めです。また注文建築の費用はどのくらいかかるのかも取り上げています。予算が心配だと考えているのなら、チェックしておきたいものです。

Search