家を建てるなら注文住宅!注文住宅を選択することの魅力やメリットなどを分かりやすく解説します

当サイトでは注文住宅を選択することの魅力やメリットなどを分かりやすく解説しています。
家を建てるなら注文建築がよいのか迷っている人にも参考になるでしょう。
注文建築で取り入れたい、人気が高い間取りに関してもご紹介しています。
評判の良い間取りを参考にして、自分好みの住みやすい家を造るのがお勧めです。
また注文建築の費用はどのくらいかかるのかも取り上げています。
予算が心配だと考えているのなら、チェックしておきたいものです。

家を建てるなら注文住宅!注文住宅を選択することの魅力やメリットなどを分かりやすく解説します

分譲住宅にはない注文住宅の魅力を知りたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
注文住宅は注文に応じて建てられる住宅で、自分好みにカスタマイズしやすいのが魅力です。
こだわりたい部分に住む人の好みを反映させられるのがメリットです。
例えば間取りや収納の造りを希望に合ったものにしたり、使う建材を選んだりすることができます。
建売ではなかなか見つからないデザインも可能になるため、思い描いていた家を実現できる可能性があるのが注文住宅です。

注文住宅は自由に決めることが可能

注文住宅の自由度は、非常に幅広いです。
例えば、フルオーダーで全ての内容を決めていくこともできますので間取りやデザイン、そして素材まで細かく相談することも可能です。
フルオーダーの場合は、それだけ資金も大きくなってしまう可能性もありますので、頭の中に存在しているイメージを具現化して現実的に手に入れられるという意味では、非常に価値の高い注文方法だといえます。
また、注文住宅では業者側の提案を受け入れてその通りに設計を行っていくことも可能です。
仮に、あらかじめ予算が存在していてその中で設計を行ってもらいたい場合には、事前にその旨を伝えておくことで実現できるようになります。
代表的なものでは、狭小住宅という狭い土地での建設があります。
低予算で実現できるうえに、業者側が現実的に生活ができる物件として提供します。
こういった、幅広い選択ができる自由度の高い差が存在するのが注文住宅なのでまずは色々な観点から相談をすると良いです。

注文住宅を建てる際に起こりやすいトラブル

注文住宅の建設の際に起こりやすいトラブルの代表格が、実際に建てられた住宅が希望やイメージの通りになっていないというものです。
注文住宅は理想の住まいを実現することができるのが最大のメリットですが、それは施工を担当する建設業者がマッチしていて、イメージが共有されていた場合に得られるもので、業者に希望やイメージがきちんと伝わっていないと、理想とはかけはなれた住宅ができあがってしまいます。
完成時期が遅れてしまうことも、注文住宅においてよくあるトラブルの一つです。
建物の建設工事は計画通りにすすむとは限らず、天候不良が続いたり、工事中に大きな問題が発生すると完成時期が遅れてしまいます。
新生活をはじめられるようになる時期も先送りになってしまうため、進学や就職にあわせて引っ越す予定でスケジュールをたてていた場合、完成まで通勤や通学で不便を強いられることがあります。
近隣住民との間の対立も、注文住宅を建てる際にはしばしば起こります。
建設工事中はどうしても現場周辺が騒がしくなるものですが、工事を始める前に説明を兼ねた挨拶まわりなどをきちんと行っていないと、周辺の住民との間で対立が起きる可能性があります。

注文住宅を建てる際はローンの準備も早く行う

建売住宅と異なり、自由度が高く様々なことを自分好みにできる注文住宅は高価になることが多いです。
そのため住宅ローンを検討しますが、早期に検討した場合どのくらいの予算内であれば建てられるかが見えてきます。
注文住宅の場合、ある程度の予算が分かった段階で同時に進めていく必要があります。
借入をする場合はただ申し込んだだけでは契約に進むことはできず、仮審査と本審査が行われます。
本審査に通らないと注文住宅を建てることは難しいため、できるだけ早期に行わなくてはなりません。
この時に必要なものは本人確認資料や前年の収入証明、他に借り入れがある場合は明細や返済予定表などとなるので、事前に用意をしておくと良いでしょう。
実際に融資が実行されるまでは7か月から10か月半ほどかかるので、建築会社が決定した段階で本審査が受けられるようにしておきます。
住宅ローンは長期にわたって借り入れをするものであり、多大な金額を借りることになります。
ですが金利が低い場合は外構などにかかる分も借りておくと安心です。

注文住宅の依頼から引き渡しまでの流れ

注文住宅を依頼するハウスメーカーが決まってから引き渡しまでの流れは、まずは契約内容をよく確認した上で工事請負契約を結んで、申込み金を支払うのが一般的です。
契約後は、設計や仕様などに関する詳細な打ち合わせを行いながら最終的なプランを決定し、簡易的な地盤検査、ローンの仮審査と本審査、市区町村への建築確認も同時に進めていきます。
万が一、プランに変更がある場合には、建築確認の再申請を行わなくてはいけなくなり、追加の費用もかかるので注意が必要です。
プランをもとに新築工事が着工することになったら、近隣への挨拶をはじめ着工前の安全祈願として地鎮祭を行い、骨組みが完成した時には上棟式を行います。
注文住宅が完成したら市区町村からの完了検査を受けて、検査済証を発行してもらい、引き渡し前には設計との違いや不備がないかどうかを最終チェックします。
気になる部分について修正をしてもらったら正式な引き渡しとなり、全てが完了です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の魅力やメリット

当サイトでは注文住宅を選択することの魅力やメリットなどを分かりやすく解説しています。家を建てるなら注文建築がよいのか迷っている人にも参考になるでしょう。注文建築で取り入れたい、人気が高い間取りに関してもご紹介しています。評判の良い間取りを参考にして、自分好みの住みやすい家を造るのがお勧めです。また注文建築の費用はどのくらいかかるのかも取り上げています。予算が心配だと考えているのなら、チェックしておきたいものです。

Search